産地で選ぶ
フランス―ボルドー
フランス―ブルゴーニュ
フランス―シャンパーニュ
フランス―アルザス
フランス―ロワール
フランス―その他
フランス以外
赤ワイン
〜5,000円
5,000〜10,000円
10,000円〜20,000円
20,000円〜30,000円
30,000円以上
白ワイン
〜5,000円
5,000〜10,000円
10,000円〜20,000円
20,000円〜30,000円
30,000円以上
シャンパーニュ(スパークリングワイン)
〜5,000円
5,000〜10,000円
10,000円〜20,000円
20,000円〜30,000円
30,000円以上
その他
ロゼ等
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介

no wine no life店長

日々の生活において、ワインの需要は、様々なシチュエーションで存在します。しかしながら、その都度、ワインショップへ足を運んで店員と相談している時間がある方は少ないはず。かといって、ネットでの購入では、どんなワインを買っていいのか分からない・・・。
当サイト「クラブ・シュペリュール」では、そんなお客様のニーズに答えるべく、様々なシチュエーションをお選びいただくだけで、お客様にピッタリのワインをお選びいたします。
当店で取り扱うワインは二人のソムリエによってコストパフォーマンスの高いものばかりを厳選しております。
輸入メーカー各社の協力のもと、他店に負けない価格を実現いたしました。
ワインショップの店員に成り代わり、当サイトがお客様の買うべきワインをお教えいたします。

Facebook・・・
http://www.facebook.com/?ref=logo#!/clubsuperieur

Twitter・・・
https://twitter.com/#!/clubsuperieur

フリーページ
rss atom

レザン・ゴーロワ 2011年 マルセル・ラピエール RAISINS GAULOIS 2011 MARCEL LAPIERRE

ホーム
ホーム 自然派ワイン(ビオワイン)
ホーム これからワインを勉強したい(ワイン入門編)
ホーム 気軽に楽しむパーティー用ワイン
ホーム 赤ワイン 〜5,000円
レザン・ゴーロワ 2011年 マルセル・ラピエール RAISINS GAULOIS 2011 MARCEL LAPIERRE
<生産者名>

マルセル・ラピエール

MARCEL LAPIERRE



自然派ワインの原点とは
フランス自然派ワインの巨匠マルセル ラピエール。彼は、現在「自然派」と呼ばれるワインの礎を築いた人物であり、ボジョレーをはじめフランス各地で、彼の影響を受けた自然派生産者が活躍しています。
中でも今やブルゴーニュを代表する醸造家の一人であるフィリップ パカレは、彼の甥にあたる事も広く知られています。しかし、「自然派ワインの巨匠」という大看板以前に、モルゴンの地、ひいてはボジョレーの地に深く根ざした素朴で伝統的な生産者であることも忘れることはできません。
3世代にわたってモルゴンでワイン造りに携わり、この土地の個性を表現することに努めてきたラピエール家は、その歴史と経験に裏打ちされた手法でモルゴンの、そしてボジョレーのテロワールを描き出します。
ヌーヴォーに代表される庶民的ワインの代表でもあるボジョレーは、早飲みでフレッシュさが特徴とされ、一般的に品質を語る物ではありませんでした。しかしラピエールのボジョレーは、そのピュアな味わいと、繊細かつ濃密で、しかも熟成する事でより一層の魅力を増す、常識を遥かに越えるものであり、新しいボジョレーの世界を切り開きました。
名実ともにボジョレーのワインを代表し、自然派ワインをも代表するマルセル ラピエールのワイン。彼のワインを飲んで、真に美味しいボジョレーの存在を知り、自然派ワインの意義と、本当の素晴らしさを初めて感じたという人が日本にも多くいるというのも頷けます。
それだけの魅力と実力を持った生産者である事は、言うまでもありません。自然派醸造家の系譜を辿ると、ラピエールやパカレの師匠には、故ジュール ショヴェという学者がいます。ショヴェ氏が造っていたボジョレーは、彼らにとっては今も記憶に残る最上のワインであったそうです。
しかしその味をただ真似るのではなく、彼ら自身の哲学によって最高のボジョレー、すなわちその土地の個性を表現する素晴らしい味わいに仕上がった時、かつてのショヴェ氏のボジョレーをふと思い起こさせる事があると言います。これが恐らく、彼らにとっての原点となる、本物のボジョレーなのかも知れません。ラピエールは、その村や畑ごとの酵母にこだわります。ワインに本当の個性やテロワールを映し出すには、とても大事なものだからです。その為に畑では出来る限り自然な農業を行い、自然環境やその中にいる微生物を大事にしています。その自然酵母によって健全なブドウを発酵させる事で、人々の心を動かすほどの素晴らしいワインが生まれるのです。

栽培・醸造において
栽培においては、その土地の個性を十分にいかす為に、化学肥料や除草剤、殺虫剤などを用いません。健全で質の高いブドウを得る為に1981年からビオロジックによる栽培を行っており、収穫においては完全な手作業を実践しています。この事は、安価で大量生産型のワインが当たり前となってしまったボジョレーにおいては、割の合わない手間のかかる作業と言えます。
しかし、ドメーヌの哲学、想いを表現するためには無くてはならない重要なプロセスです。収穫されたブドウは、印象的な天井画が描かれた醸造所に運ばれ、果皮などに付着する自然酵母の働きによって発酵させます。
セミ マセラシオンカルボニックを採用し、じっくりと時間をかけて果汁がワインとなっていくのを見守ります。その後、古樽に移し澱とともに熟成を行います。醸造における全ての過程で、酸化防止剤となる亜硫酸は用いません
瓶詰めはノンフィルターで行われ、顧客の要望に合わせて若干の亜硫酸を添加します。



なぜ今 ラピエールなのか
近年、ラピエールのワインに「新たなる輝き」を感じます。3世代にわたってバトンをつないできたラピエール家にさらなる新世代の息吹が加わりました。現在ドメーヌでは、マルセル ラピエールの長男であるマチュー ラピエールが、マルセルの右腕となって栽培や醸造にその手腕を発揮しています。
深い哲学と経験を持ったマルセルと若くエネルギーに満ちたマチュー、この二人の力によってマルセル ラピエールのワインはより一層の輝きを放ち、「自然派ワインの原点」と呼ぶにふさわしい純粋で緻密な味わいのワインとなりました。
マルセル ラピエールは、現代においての「巨匠」であるのみならず、次の世代においてもリーダーと呼べる生産者である事を確信できます







<商品名>

レザン・ゴーロワ 2011年 マルセル・ラピエール

RAISINS GAULOIS 2011 MARCEL LAPIERRE

<商品説明>

自然派ボジョレーの巨匠マルセル・ラピエールのリーズナブルレンジ。2008年までのヴァン・ド・ペイ・デ・ゴールの後継です。ワイン名は変わりましたが、味わいのスタイルスクリューキャップやラベルのイラストは変わりません。
まるでボジョレー・ヌーボーのようなフレッシュな味わいが魅力でありながら、その中にきっちりとラピエールらしさも感じさせるあたりさすが巨匠の技というべきでしょうか?
ラピエールの看板ワイン『モルゴン』のセカンド・ワインともいえる非常にコストパフォーマンスの高いワインです。エチケットのイラストは、世界的に有名なイラストレーターの「モーリス・シネ」。
このユニークなエチケットは見るものをわくわくさせ、気軽に楽しく飲めるこのワインにピッタリです。※スクリューキャップ
<生産地域>

フランス・ボージョレ地方

<ブドウ品種>

ガメイ

<タイプ>

赤 ミディアムボディ

レザン・ゴーロワ 2011年 マルセル・ラピエール RAISINS GAULOIS 2011 MARCEL LAPIERRE
販売価格

1,871円(税抜)

SOLD OUT

ショッピングガイド

お電話でのご注文:0586-58-0521


お支払方法について 発送方法について

クレジットカード・銀行振込・代金引換・Eコレクト


クール便・常温便でお送りいたします

クレジットカードロゴ 佐川ロゴ

当店のワイン保管について

品質管理には万全を期しております。ワインは温度・湿度共に一定に保たれたワインセラーで保存しています
facebook

飾り線
お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています